タグ:学校 ( 16 ) タグの人気記事

明日戴いてきます

えっとですね

またかよ、と言われそうだし

迷ったのですが

やっぱり報告しようかなと思いつつ

明日日曜日卒業証書を戴いてきます

袴は着ませんけどね(笑)

シャツにアイロンかけて

靴を磨いて

行ってきます

d0002224_10462491.jpg


自分の中で繋がっているとは言えどこまでいくんだろ、、、おいっ!自分!


25nichi
[PR]
by t2mina | 2007-03-24 10:58 | イラスト

面接諮問に行ってきました

今日は、卒論の面接諮問に行ってきました

開口一番、よくなりましたねぇ、、、 と、褒めてもらえたのです

それから、学部の学生に見せたいからコピーを残させてほしいとの事でした

少し気難しい感のある先生なだけに、そう言われて驚きました

好きで続けていることを何か形にしたいから、と思い通学した二年間です

120%位力出せたのかな

よしよし

それとは別に

タイミング良すぎる位に同じ日の今日に、もうひとつの別件に区切りがついてしまったり

こちらは予測していましたが

変化の多きい一日でした

そういえば、節分でしたね
もう少し時間をかけながらじわじわと少しずつ

春に向かっていくのだろうという

予感がします
[PR]
by t2mina | 2007-02-02 21:15 | 自然・心・体

最後のスク-リングでした

d0002224_0114778.jpg

今回は学校最後のスクーリングを受けに名古屋に行っていました。
うちの大学は東京以外の地方でもスクーリングを開校することがあるのです。

今月の名古屋では実家から通って受けました。両親に卒論の報告もできたしご飯は作ってもらえたしスクーリングを受けることもできたし、一石二鳥、いや三鳥って奴ですね。(上げ膳据え膳って素敵♪) すどうさん宿の情報ありがとうございました。

土日月の三日間集中、最終日に試験もあるパターンはかなり集中力がいって大変です。10月に東京で受けたときはまだ卒論(と、すごいろく(笑)の渦中でした。今回はあんまり予習できないままに、プレゼン用文章作成と記述式試験の両方がある授業であっぷあっぷしながらも熱心な先生の授業が面白くてあっという間の三日間でした。

・・・なぜか先生の手元目元に演技が入っていて・・・不思議な動きと話し方をしていたな・・・と思います。(愛嬌があるので許せますが)

単位とれてるといいなあ。そして三月の卒論の面接諮問が終わったら本当に卒業だぞ。さみしくなるなあうるうる。大きな大人なのに、えぇっ!卒業式に出る?恥ずかしい・・・。

というわけで今週末は携帯投稿地方版でした。あー、仕事たまっているのよ、明日から(あ、もう今日だ)せっせと働きます。
[PR]
by t2mina | 2006-11-21 00:40 |

記念撮影♪

d0002224_20421442.jpg

11月11日20:26
編集と製本も含めて卒業論文を書き終わりました。

終わってよかった。


うん。


じわっときました。

さらに
[PR]
by t2mina | 2006-11-11 20:42

精読進行中

うーん、ぼけぼけで今の私の頭の中のような写真ですなあ。月曜からずっとポストしてなかったのは、息抜きしてたわけでもなくて、そ・つ・ろんで取り上げる作品を暗中模索していたのです。先週末に作品を二つにまで絞ったものの、そこからが決められず、画像を変えたりしながら選択から逃げており、ようやく決めて読み始めたもののいつのまにか寝落ちているウィークデーだったので、今日は場所を変え、外できちんと読もう、と出かけたのがここでした。
d0002224_2222164.jpg

実は映画の封切りを一週間間違えていて、ゲド戦記と同時に封切られる『王と鳥』というフランスのアニメを観に行くつもりでした。行く前に気がついてよかった、と思いながらこのアニメの作品展をやっている日仏学院に行き先を変えたんです。

本を読まなきゃいけないし、展覧会はさっと観て場所を変えて、と思っていたのですが、幸運にも場所を変える必要がない位、いいお庭があって、多分お天気がよければ併設のレストランのお客さんがここで食事をするんだろうけれど、今日は皆さん中で食べていて、自由に腰掛けることができたんです。
d0002224_22212323.jpg

猫もいたし。
d0002224_2221047.jpg

コーヒーだけ買って、精読開始。曇っているのが幸いで気温も高くないし、静かだし、芝の臭いはするし、いい場所だなあ、また来よう、と思いながら読み進めたのでした。

卒論というと、古典で書かなければいけないような風潮があるのと、今まで授業を受けた先生で一番解かり易かった先生が「マーク・トゥエイン」専攻の先生なので、そちらにするべきかなあ、と迷ったのですが、初心に返り、児童文学にしようと思います。こちらだと、先生は私には少しとりでの高い先生なのですが、児童文学で受けてくれるだけでも珍しいらしいので、とにかく書いてみよう、と決めました。児童文学、とりわけこの作品に思い入れがあってて英語の再勉を始めたようなものなので、かっこつけないで行こうじゃないか、ということです。

ここで読んだだけでは読みきれず、座りっぱなしだとお尻も痛くなるので、ゆっくり歩きながら
読んで
読んで
読んで

また座って
読んで
読んで
読んで

とっぷり陽は暮れていきました。
 
因みに『王と鳥』の公式サイトは こちら
作品展では素描だけでしたが、頂いたパンフレットには 

こんなアニメの絵柄が
[PR]
by t2mina | 2006-07-22 23:17 | 本・映・音・展

ふ!

泳いでの帰り道、お月さまがこんなにはっきり出てるのに、ほんとに明日は雨なのかな?
と、思いながら帰ってきた。

学校に提出したレポートが少しづつ戻ってきている。

単位習得のシステムとしては色々あるのだが、私の場合は

①レポート2冊提出→スクーリング出席→最終日にスクーリングのテスト
②レポート2冊提出→科目習得試験
③スクーリングに出席→最終日にスクーリングのテスト

のうちのどれかでこなしている。
先日試験場を間違えた記事の場合は②
以前、へミングウェイの記事を書いた時や、夏に参加したのは③だったわけ。

今戻ってきているのは11月のスクーリング用のレポート。
11月に土日も含め、4科目スクーリングに行くのだ。(うわ!)
勢いでやってしまおう、と思っているがどうなることか。

今回6冊出したうちの1冊が再提出だったので、11月までにそれに少し手直しをして提出する。
「ノルマン人に征服された以降のイギリスの変化について→課題の求めている所に焦点をしぼって話を膨らませてみよう!」
うむむ、、話題を広げすぎてしまったようだ。いかんいかん。

早いもので、入学したのが4月の半ば、もう半年になるのだ。
学業と仕事と遊びのバランスをとって計画を立てるのが一番重要になってくる生活。

思いの外、こなせてきているのは、パターンに慣れてきたのか、
思い切って試してみる性格が功を奏しているのか。

12月に一つ試験を受けたら、後は来年度の為の準備レポートのみになるから少し気持ちに余裕が出る予定。旅行の計画もいいなあ。
にやにや。

でもね、やっぱり、ブログでなんだかんだ書けること、色んな方と実際あっているかのように言葉を交換し合えること、これに助けてもらっていることは多い。
友達と会うのは、時間設定がいるけど、ブログは夜中でも外国でもいいわけで。

こんなに呑気に自分らしくしていられるのは、ここを見に来てくれる皆様のおかげと言ってもいいかもしれない。皆様にはとても感謝しているのである。
どうもありがとうございます!

これからも自分らしくしていられますように。
[PR]
by t2mina | 2005-10-13 23:52

試験場はどこ?

d0002224_22224456.jpg

表題の通り、試験場を間違えました。

10月の会場は文理学部の方ね、と以前確認したにも関わらず、前回の会場に向かっていた私。移動すれば小一時間はかかる郊外に試験場はある。
「あらあ、、、、」とよろよろしながらも、通信学部に行き、建物の守衛さんに事情を話すと、事務局に連絡をとってくれて、事務局の計らいで、1時限目は通信学部の建物内で受けることが出来ました。

あああ、、、、よかった。

因みに、そんなお間抜けをしてしまったのは、私を含め3人いました、、、。とほほ。

次の試験は4時限目。
時間はたっぷりあるし、郊外までがたがたと電車にゆられて行ったのでした。

でもね!試験は動揺しないできっちり書いてきましたよ!

3時過ぎに試験終了!

暑いけどお天気のいい日。
このまま帰る気になれない私だったので、ちょっと寄り道。

渋谷の富ヶ谷にある、パン屋とカフェのある ルヴァン まで。
d0002224_2230777.jpg

パンは買ったことがあるけど、カフェは入ったことないもんね。

コーヒー飲みた~い!

そこで、ビスケットとラスクもお土産に買った後、濃い目のコーヒーを飲みながらスケッチ。
d0002224_2233961.jpg

ちょうどお店の人たちが歓談してて、「絵は良く描くんですか?」などなど聞かれ
話がはずんでしまった。

こじんまりしてるし、地元の人たちが気さくに通ってくる感じで気取りがなくて良い感じ。
パンが買えるし、また来ようっと!
[PR]
by t2mina | 2005-10-02 22:42

ロビンソンとガリバーで終了!

イギリス小説の下地を築いたものとして、新聞文学がある。
イギリスで新聞が出始めたのが1660年。

エリザベスⅠが58年に即位した後、シェークスピアの活躍など、イギリスもルネッサンスのような文化の最盛期があった。
それが、清教徒革命で共和制になって禁欲的になって、でも長くは続かなくて、王政復古で再び王様の政権下になった。

でも、最盛期のような活気は無かった所に、新聞が発言の場として登場。
(プチとりびあ?)
政党や宗教批判などを散文で載せていたそうだ。

ロビンソンクルーソーの著者のデュフォーやガリバー旅行記のスィフトも新聞の物書きだった。でお互い、ロビンソン、、、とガリバーの大ヒットで一躍有名になった。
日記風で現実味があって、冒険で困難を乗越える、っていうあたりが少年達の心をとらえた。
(人気のある日記ブログのような?)

これに対して
ガリバー、、には、子どもに読まれている話にもその続きにも、痛烈な諷刺が込められている。
(聞いた事ある人も多いかもネタ)

子どもに読まれている方の元は
1、リリパットという子どもの国。:スペイン継承戦争への批判。
2、ブロブディンナグという巨人の住む国:この巨人は戦争を批判する。

辛辣な諷刺は
3、ラピュ-タという島:学者たちへの諷刺と嘲笑。

そして、恐ろしいのは
4、フィンナムという馬がヤフーという人間を家畜にしている国。ガリバーが帰る船を子どもの皮でつくり、、、!:アイルランド飢饉や人間批判

という深い物語であった。

☆☆☆~☆☆☆☆~☆☆☆☆~☆☆☆☆~☆☆☆☆~

などなど!やっと、予定していた提出物、昨晩で終了!
後は色々あるにせよ、取り合えず原稿用紙はしばらくさようなら!
ポストに投函した後は、デジカメ、ペン、ノートをバックに入れて、
お出かけだ!
何も私を止められない!
[PR]
by t2mina | 2005-09-11 09:23

なぜバッハ?


私も頑張るよ、ってなわけで今日の帰りは図書館へ寄ってきた。
だいたい、レポート用の本なんてのは、べらぼうに高いし、種類から言っても図書館が便り。
歴史などは、人物の絵が載っていたりすると、イメージも膨らむ。

チュ-ダ-王朝時代、処刑された、スコットランド・メアリ女王は、昨日見た本では、すごく意地悪そうな肖像画だったけど、この本では、可愛い顔立ちしているのね、とか、その後のエリザベス1世は、少し、お姉さんだわ、とか、知り合いのように見ていくと、興味もわくということで。

と、呑気にページをめくっていたら、
ピンポンポンポ~ン、、閉館15分前でございます、、、という館内放送が。

まずい!コピーしなくては、と急ぎコピーしていると中学生くらいの子が「鯨の生息地」なんて本を持って隣に。
「少し?だったら割り込みしてやっていいよ。」と私。
「ええっ!ありがとうございます!」と その子。体中で嬉しそうにしながら、元気にコピーを2枚とって、礼をいい、帰っていきました。

そう、今日は31日、明日から学校、つまり、宿題の追い込みなんですね。
余裕もってやらなかったのねえ、あなたは~、って自分も覚えがあるから、、ね。
今晩やるのかな、きっと。

と思っていたら、次に隣に並んだのはお母さんらしき女性とその子ども。でも中学生くらいの大きな男の子。
、、、、母心?もしくは、受験にもついてちゃう母親ってやつ、、、?と私の疑問は膨らむ。

結果、今度は割り込みさせてあげなかったもんね。

       ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

その閉館15分前から流れ始めるのが、なぜか、バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」だった。
そう、聞けば、多くの人が、ああ、あれね、と分かるだろうという種類のメロディ。

学校の下校時間には、サンサーンスだったっけ?でもなぜ、図書館閉館に、マリアを祝福する曲なのか?選択基準は何?と不思議に思いつつ、帰路についたのでありました。

                                       
[PR]
by t2mina | 2005-08-31 21:34

明日で終了!

五日目ともなると、頭が水を含んだスポンジの様な気がします。他の皆さんにも、その気配がなきにしもあらず。

、、、、で、

帰りに後楽園球場の(いえあの、野球じゃなくて)施設の中にあるここに寄って着ました。
d0002224_21194840.jpg

はい、北欧のパンと小物を扱っている、ムーミンカフェ です。
買ったのはこれ。
d0002224_21232984.jpg

ポーチとスプーンとやはりパン。
d0002224_21241435.jpg


さて、気分が変わったところで、最終日試験に備えるべし。^^
[PR]
by t2mina | 2005-08-12 21:25