<   2008年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

マフラーはどこに?


ぢぇみにさんのところよりTB

トラバでボケましょう 2008 レベル8
お題:犯人に告ぐ!

に参加中






犯人に告ぐ

うちのお父さんのマフラーを持って行ったあなた
直ちに返しなさい

うちのお父さんが可愛い姪っ子にもらったマフラー
そりゃあ喜んでまだだれにも見せてないのよ

いいお天気だから縁側に広げて干しておいたんだって
ちょっと用事を済ませて戻ってきたら
跡形も無く消えていた

「お前達は知らないっていうのか!」
とばっちりを受けるのはあたし達家族
見つかるまでずっと不機嫌なままなのは決まってる

だからお願い

犯人に告ぐ

うちのお父さんのマフラーを持って行ったあなた
直ちに返しなさい


どこ?
   どこ?
      どこ?

うちのお父さんは思い込みが激しいから
あのマフラー貰った時だって
こまっちゃうなあ、お父さんって結構人気あるんだよね〜、ってね
だってちょうどバレンタインの頃にあたしと姪っ子の愛ちゃんが
きゃっきゃ話していたら傍で聞いてたお父さんが
我慢してたみたいだけど寂しそうにしてたから

あたしが愛ちゃんに頼んだんだよね
娘から貰ったってもう嬉しかないじゃない?
半分づつお金出して買ったんだから


なのにとばっちりを受けるなんて!

だからお願い

犯人に告ぐ

うちのお父さんのマフラーを持って行ったあなた
直ちに返しなさい


どこ?
   どこ?
      どこ?

ついでに言っとくけど
うちのお父さんはめちゃくちゃ気が短い
マフラーが破れてたりなんかしたら
どなりだすのは必須だわ

だけど全然出てこない
突然消えたマフラー

いったいどこにいっちゃったのぉ、、、


その時
ぴんぽーん
玄関のチャイムが鳴った

がちゃ

あ、お隣の、、、
すみません、お話がありまして、、、

お隣のお宅の美和子さんに呼ばれお庭にお邪魔した
え?父も一緒にですか?
出向いた先には







d0002224_1513104.gif




はぐはぐがぶがぶぎゅーぎゅーうんがががが




マフラーとたわむれるワンコ、、、

「申し訳ありません、庭で首輪をはずしている間にお宅のお庭に入ってしまったようなんです。気がついたら小屋の中で何かにじゃれている音がしていたので見てみたら。小耳にはさんだんですが、マフラー探してらっしゃったんでしょう、、、?」

あら〜、お、お父さん、、、どならないで、、、

「差し上げますよ」
「えっ?」
「ええっ?」

「いや〜〜〜なんて可愛いワンコちゃんだ、そうかそうかマフラーは気持ちいいかい、そうかい、ふっぁっはっはっはぁあああ!ほらほらおじさんが遊んであげまちゅよぉおおお〜♪」


あぁ、、、

一つ忘れてた


うちのお父さん

短気で思い込みが激しいオヤジだけど、
可愛いものが大好きなところがあんのよね。。。


ロ・リ・コ・ン父さん?

テンプレート
[PR]
by t2mina | 2008-09-28 15:17 | TB・ブログ

パッケージ萌え

日本という国は包装とキャラ化にお金をかける国
素材も丈夫、発色も美しい
箱はリサイクルにと思っても
デザインに惚れてしまうと取っておきたくなる

その製品にも惚れてしまうと
見つけるたびに買ってしまいたくなる

結果
勢い捨てられないパッケージが溜まってしまうので
指をくわえてできるだけ我慢する


それでも万が一溜まってしまった場合は
だめだだめだだめだっ!とココロを鬼にしてまとめて捨てる

そんな繰り返し(T_T)

この秋のパッケージ萌え



まずは
d0002224_12183688.gif

この薄いグリーンに惚れた。。。
製品も、出た当初はよく食べましたよ







次は
d0002224_1219120.gif

写真を見て単純に食べたかった
桃→梨→ときて、ぼちぼち巨峰は終わりなさみしさ





さらに
d0002224_12193263.gif

春はさくら味だったなぁ
秋はマロン風味でし
意味的には癒され系パッケージ





見目麗しく味も良し♪
[PR]
by t2mina | 2008-09-27 12:29 | 自然・心・体

ぽけらっちょ

d0002224_1604538.jpg

茶をすすり
そらを仰ぎ見て

急がなくていい

ゴホウビみたいなきゅうじつ
ぽけらっ。。。


(↑目は空きながら頭は寝ている)
[PR]
by t2mina | 2008-09-23 16:00

池澤夏樹が好き


好きな作家は?というのはベタな質問ですか?

そこを敢えて言うなら私は池澤夏樹ファン。


・最初に読んだのは『キップをなくして』
その子達だけに使用可能な改札を通って電車でもって函館まで旅に出かける子ども達。その改札はそこが必要な子達にしか存在しない。彼らにしか解らない車掌さんだけが彼らと会話できる。電車に乗っている同じ様な境遇のコ達とだんだん繋がっていく気持ち。お昼のお弁当はいつも駅弁。

ココロが変わる前の子達とそれを見守る大人。後は旅の状況が細かく設定されていて、さすが旅人池澤さん。いいなあ、寝台車乗りたいなあ、と思って読んだ。あと、カバーの植田真さんの絵の魅力も大きくて手に取ってしまったのだった。




・少し前に文庫本で読んだのが『カイマナヒラの家』

ハワイでのサーフィンに夢中になっていた頃の僕が主人公。彼が友人から聞いた話、自分が感じたことなんかが書かれている滞在記のようなもの。それを思い出す様な形で書かれている。その時期に僕が欲していたものとそれを超えてしまった今の自分の両方が存在する。

でも、何よりもハワイの陽射しってこんなの?という位イメージをかき立てられる文章に、とてもユルく気持ちいい心になりながら読んだ。繰り返しね。



・もう一冊文庫本で『スティル・ライフ』
お伽話みたいな話が二編。そんなことができるのかという綿密な計画を元に実行される計画と相棒との不思議な関係。家庭用のプロジェクターで映し出される星々。彼は本当に存在していたのか、という読後感が残る一話目。

二話目の方も不思議な話。知り合いになる時のきっかけやその後の関わりは淡々と静かに書かれて進んでいく。でもそれは、その時期にだけ起こったとても象徴的な印象深いこと。因に娘が恐竜を飼っていて、エサの干し草を定期的に飛行機で届けてもらう話し(空想?)が不思議で好き。




多分、ホントの池澤ファンに言わせれば、それしか読んでないの?と言われるのは必須。だって、彼の本業の分厚い旅本やら紀行本やら思想本や詩やら、雑誌の特集やらそういうものが山とあるのだから。(そだっ、最近『南の島のティオ』も読んだケド)だからアマゾンで『池澤夏樹の旅地図』を購入。それから本屋さんでもう何冊かの文庫本と単行本『異国の客』も購入してみよう。





村上春樹が『使い道の無い風景』の中でこんなコトを書いていた。「僕らは通りすぎることを前提として旅行している〜どこか旅行に出かけてそのまま帰ってこない人は少なくとも自分の周りにいない〜こういう所に住めるといいわねえ、というのは大抵の場合実現の見込みのない夢である」

その通り過ぎる感覚が速効で必要な場合手短に本を読んで感じてみる。旅本であってもなくてもそれは可能だね。
[PR]
by t2mina | 2008-09-23 00:21 | 本・映・音・展

あぁ、何をもって

いつもお世話になっている自転車屋さんでメンテをしてもらってきました。私の自転車の弱くなる所は、後付けの泥よけの固定が緩んでくること、ブレーキが甘くなってくること、それから、タイヤが細く入れる所のネジを付け替えてやる形なので自分でやると空気の入れ方が足りない事が多いこと、毎度この3点に尽きます。

泥よけについてはプラスドライバーで自分でやることが出来るし、空気入れなんか練習しろよ、でしかないのは解っているんだけど、つい「まとめて診てもらっちゃおう」という甘えモードが働き、お兄さんの手際の良さをじっくり眺めてしまっているわけです。

特に明日は台風だから点検してもらってから自転車置き場のいい位置に止めておこう、とか言い訳で思ったりしたんでした。


他にも済ませたかった手続きを確認の上済ませる事が出来たり、近所のコーヒー屋さんで一枚下画きを済ませることが出来たり。ホントこのコーヒー屋さんは平日の夜だと適度に空いていて作業がし易く且つコーヒーも美味しく、毎度毎度お世話になっております。コーヒーのポイントもかなりたまってまいりました。

で、帰り道に「ポッキーつぶつぶみかん」とか、涼しくなっても食べたくなるアイス「ガツンとみかん」なんかを買って帰宅してこうやって日記書いて、さ、夕飯に、と続く夜。それが明日は早起きしなくていい週末なんていう時はヒジョーに満ち足りた気分になりますな。ええ、それが明日は台風と解っていても、です。

それで満足できるなんてぇのは、なんて安上がりなんだろうとも思います。


9/19 朝 台風進路変更!バイバ〜イ!! 急に変化がある
     どうなるか解らないものよのぅ。。。^^
[PR]
by t2mina | 2008-09-19 21:49 | 自然・心・体

追悼 山下勇三展

d0002224_23445688.jpg

追悼 山下勇三展



金曜日までだった「銀座展」の時は一人でだったのですが
今回はとある美女に誘われて一緒に行って参りました

キューピーマヨネーズ、無印良品、永六輔氏とのコラボ
あぁ、この絵は氏の作品だったのか!
見た覚えのある大きなポスターがこんな風に目の前に戻ってくるとは!

チキショー
どうして追悼展なんだ


これからももっと観せて頂きたかった。。。


懐かしさを感じる親しみの持てる画風
すっとひかれたたっぷりした線
あるいは細かいユーモアを探す楽しみ
目に飛び込んでくるいい色
今見ても変わらぬポップな感じ

訪れる人達の表情がほとんど微笑みである
そんな展覧会はあまりありません

作品全てが楽しい、そんな展覧会でした

謝謝!



展覧会後、美女とお茶
私がたまたま持っていたデジカメにはブログを始めてからの写真達
「ほら、これ、◯◯さん」と、共通の知人も出てくる

ブログが盛んだったあの頃は皆にもう少し時間があったのだ
ところが年数が経つうちにそれぞれの環境が変わっていく
考え方も変わっていく

とても懐かしく写真を眺めたり話したり
今日お会いできたのも嬉しいなあ〜

ブログで知り合ったと言っても
お会いした後の関係は現実であり
繋がりが持てる時も途絶えて行く時もある

そこは始まりがネットであろうが
リアルの友人であろうが変わらない

助けられたり世話になることしばしばな方々に
謝謝!



話しは変わるが
この日持っていた初代デジカメは撮影画面が真っ黒になる為
修理に出す予定
修理の方曰く、レンズのトラブル(であろう)
により突然そうなることがあるそうな

そう言えば
こうなったのはもう一台のデジカメを買って暫くしてからだ
最近は新しい方ばかり使っていた
初代のカメラが「自分の役目を終えた」と思った
というのは考え過ぎか?


物同様、人にもそんなことがあるのかもしれない
物でも人でも何かの転機が訪れた時に
役割を託す時がある
そしてその役割や意思は
絶妙のタイミングで託され継承されていく


そう考えれば意思や想い等はずっと繋がっている訳で
さみしくはならないんじゃないだろうか

託されたものを精一杯
やって行こうという思いに変わり
これからも続いて行く

なんてコトをつらつら思ったんでした
(酔ってナイケド
[PR]
by t2mina | 2008-09-15 22:23 | 本・映・音・展

“十五夜の宴・2008”

d0002224_21403346.gif

08/9/14 20:08 iso=1200
つきのくさぐさ
さんよりTB


少し前から雨が降り出してしまいました
帰り道、湿度が高く薄い雲がみっちりな空

さっきまで見えていたのにすぐ隠れてしまって
いつも撮るポイントで少し待って
出て来たお月様を慌てて撮りました

オレンジ色がかっている
空気が奇麗な所だともう少し光って見えるかなあ

でも見ることができてヨカッタ

3連休中日
色んなことがはかどって一安心

これでゆっくりとある51巻が読める〜♪

メタボ進行中


五穀豊穣を願い
[PR]
by t2mina | 2008-09-14 21:40 | 自然・心・体

日々月満ちる

毎日毎日確実に変わっていくのはある意味不思議なものです
メタボ進行中

参照つきのくさぐさ

[PR]
by t2mina | 2008-09-13 23:59 | 自然・心・体

メタボ進行中

d0002224_7103940.gif

08/9/10 18:55 iso=200


d0002224_22323299.gif

08/9/12 18:57 iso=200


d0002224_23492074.gif

08/9/12 22:28 iso=400

今年の十五夜お月さまは、満月の前日、14日(日)になります

[PR]
by t2mina | 2008-09-12 07:10 | 自然・心・体

諦めるはスティングのチケットとパラリンピック観戦なり

d0002224_2236546.gif


驚くくらい髪と肌がさらさら
汗はどうやってかいていたのか

スティングのチケットは
いくら追加公演をしてくれてもとれないだろう

パラリンピックが観たいのに
どうして全く放映されないのだろう







どうやって撮ったのか
記憶では水面に夕焼け空が映っていたのだ
でも今見る限りその確信がない

ただその水面の気持ち良さからは離れがたく
見つけたその写真を取り出し
眺める

今日は描けるか
余力はあるか

涼しい夜空の半月と
隣りにある一等星を見上げ
ぼんやりしてみる

水面のように見せて描くよりも
絵の具をのせるだけでいい

これは秋の水面
ぎらぎら暑い夏の水面の
熱が放出されて穏やかになった

これは秋の水面

人も

夏の暑さで放出したものを記憶に残し

少し見つめる
ほんの少しだけ

ホントに
[PR]
by t2mina | 2008-09-09 22:39 | 自然・心・体