<   2006年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

携帯テスト

d0002224_23511711.jpg

先週見た夕焼け
[PR]
by t2mina | 2006-08-27 00:02 | 自然・心・体

飼いたいなあ


動物が飼いたいなあ
d0002224_22362231.jpg

部屋じゃ飼えないし
d0002224_22251134.jpg

願わくはつるんじゃなくてふさふさで
d0002224_22253391.jpg

できればはぐはぐしたいし
d0002224_2225515.jpg

リスやハムスター、あるいはフェレットは?
d0002224_2226839.jpg

え?そ、それは、、、ちょっと、、、
d0002224_22262918.jpg

ま、ゆとりができたらにするか
d0002224_22264625.jpg

ねっ♪
d0002224_2227586.jpg

 
[PR]
by t2mina | 2006-08-26 22:37 | イラスト

ちりりん

泳ぎに行くのは大抵夜。

週末の木か金の一日、きっぱり仕事を切り上げて即効帰宅、近所の50m温水プールへ直行。

そこで、ゆーっくりだいたい1.5km泳ぎ、シャワーを浴び、頭を洗い、ささっと乾かし、すっぴんの顔に、コンタクトをはずしたのでメガネをかけ(近眼)た顔で、自転車でちりりん、と帰ってる。

余裕のある時には、さらにスーパーに寄り道。野菜とか必要なものを買出し。土日にプールもスーパーにも行かない。どちらも、断然平日夜の方がすいている。

適度に体を動かして、一週間の体や気持ちの疲れをほぐしているので、頭の中もすっぴんに近い。そんな状態で、ぼおっとスーパーで買い物。

なくてもいいものも買ってしまったり、お、なかなか安いじゃん、という代物に出合ったりする。なぜ、スーパーなのに、王監督の「ナボナ」をばら売りしてるの?買っっちゃおう、とか。

これは、コンビ二の時もある。

終わると買い物袋を自転車の籠に乗せて、ちりりん、と、のんびりこいで帰路につく。
ほろ酔い気分のような、とにかく安心した気持ちになる。夜空を見上げ、お月様でも出ていようものなら、またいい気分になる。

で、ブログとかアップしてるし(笑)

何でもないことかもしれないけど、週一のこれが、なかなかいいのですよ。

d0002224_2245949.jpg

[PR]
by t2mina | 2006-08-25 22:11 | 自然・心・体

星と星の間で

<「第9回トラバでボケましょう」お題

「ごく普通の二人は、ごく普通に出会い、ごく普通に恋に落ち、ごく普通にカップルになりました。でも唯一つだけ普通でなかったのは・・・。」


今回は(も?)締め切り後の投稿なのでせばさんおっしゃるように、オープン枠での応募です。
せばさん、スミマセン、どうぞよろしくお願い致します。ぺこり



ぷち。うぃ~ん。
「おはよう」
「おはよう、今日もいい天気だね」
「何よりだね。電波がよくないと会えないもの。」
「そうね、今日一日乱気流はないようだし。あなたの顔もぶれていないわ。」
「そうそう、こちらの星では新しい通信機能として高速流星ファイバー」っていうのが実用化去れる事になるんだ。それに加入すれば、もっと早く回線がつながるんだよ。」
「そうなのね、私の環境でも、大丈夫かしら。いつも立ち上がりがもどかしいもの。」
「大丈夫だよ、だから、どんなに離れていても僕たちはずっと一緒だよ。」
「でも、やっぱり顔を見ているだけじゃ、いやだわ。」
「それは、、、」
「はい、あーん、して。ごち。ほら、本当に傍にいるような気がしてあなたに口をあいてもらっても、モニターの前までなのよ。本当にあなたに食べさせてあげることはできないわ。」
「それが承知で僕たちは付き合っているんだろう。」
「最初はそれでもよかったの。でも、だんだん、今よりたくさん会いたい、今より早く会いたい、今より傍にいたい、本当に触れたい、って思うようになってしまって。でもそれは規則違反なのね。」
「そうだね、最初の加入規約にも書いてあることだ、ヴァーチャルであることを納得の上でこの「異星間交流プログラム」にお申し込みください、って、、、あれ、小さく追加記入がされている、、これは、、。」
「なあに?」
「その、つまり、国籍をどちらかの星に移す方法、についてが記載されている。でも、生態的に、その星で生きていけるような体にならなければならない、ということは、失敗もありうる、その場合は、」
「その星に適応できずに、、、消えてしまう、、、、ということね。」
「あるいは、別の存在になってしまうこともありうる、と書いてある。そんな危険を冒さずとも、こうしていても幸せじゃないか。」
「でも、でも、、、。」


その後通り過ぎた乱気流のために、モニターの画像は落ちてしまい、僕らの会話は閉ざされてしまった。僕は何とか、彼女と話し合いたいと思ったが、その後回線が繋がっても彼女とコンタクトがとれなくなった。どうしてしまったんだろう。ああ、僕があんな情報を与えなければ今まで通り、それなりの幸せが続いていたはずなのに。僕の気持ちは後悔で膨れ上がっていた。

来る日も来る日も、僕は彼女を思って泣いた。それはそれはせつなかった。食べ物などどうでもいい。彼女の声が聞きたい。どんなに彼女が必要だったのか、僕は途方にくれていた。

鳥が鳴いている。何も聞きたくない、と思い続けていたある日、僕の耳に綺麗な鳥の声が聞こえた。鳥は鳴きながら僕の近くに舞い降りて、僕の肩に止まり、僕に頬擦りした。それはそれはいとおしい感覚だった。その瞬間、僕は感じ取った。
「君なの?」
鳥がにっこり頷いたように見えた。鳴いている声が話している、と思うなんて僕はおかしくなってしまったのだろうか?そんな僕の心配をよそに、小鳥は僕の周りを飛び回り、頬擦りし、木の実を僕の手に落としてくれた。



それならそれで、いいかもしれない。僕はこの幸福を受け入れることにしたのだった。



d0002224_2142471.jpg

[PR]
by t2mina | 2006-08-21 08:43 | TB・ブログ

鼻は赤かったのね、まあいいや

d0002224_21274443.jpg

こっそりとアップしてしまおう

[PR]
by t2mina | 2006-08-20 21:30 | イラスト

二つほど

一つ目

今日久しぶりに銀座教文館6Fにある子どもの本専門店に行ったら
薮内正幸さんが挿絵を描いたビアンキ作の絵本『くちばしどれが一番りっぱ?』の原画展をやっていた。水彩で描かれたこの精密さ、見損なわなくてよかった。全く、いい仕事です。ため息。


二つ目

スタジオジブリによるアニメ『ゲド戦記』が公開されています。この作品の題名を、『スタジオジブリ版・ゲド戦記』という題名にしていただけないでしょうか。原作者ル・グィンの了解は取った上での製作であることは、はもちろん分かっているし、アニメとしての良さもあると思います。ただ、私はファンの一人であり、原書でも翻訳でも全巻読んで、今また自分のノルマで1巻を読み直していると、泣けてきちゃったりする人なんです。そんな者にしてみると、あのアニメがゲド戦記の全てなんだ、と思われるのは非常につらいのです。物語の中身の割愛の仕方が、例えば『ロード・オヴ・ザ・リング』のように正確ではないので、つまり別作品であれば納得いく、つまり、独自の名前をつけて欲しいと思うのです。
[PR]
by t2mina | 2006-08-20 21:02 | 本・映・音・展

千鳥格子その2

d0002224_103125100.jpg

大工さんが持っているのが「千鳥格子」です。昨日、これを作ってきました。

今日の参加者は4組の親子。大工さんは4名いらっしゃったのでちょうどよい人数。ボランティアは見てるだけ、と思いかけたときに一人がちょっと触り始め、やってもいいかなあ、、
え?いいんですね!というわけでボランティア3名も触ってみることができました。

この企画は建築関係で仕事をされている主催者のIさんが、「子供達との活動を通して自然の素材の美しさに触れながら伝統技術を体験してもらって、この先環境や文化、それから社会に目を向けていけるように」という意味で昨年から始めたものなんです。根がはる為には、継続が大事だし、後援してくださる方達とのこまめなやりとりが必要で、それを、本当にこまめにやっていらっしゃいます。

手伝ってくださる大工さん達も、自分たちのやり方を伝えつつ、新しい道具も試してみてくださっています。最初、こりゃ、教えるの難しいんじゃないか、と思いつつも、必要なところでぱっと手を出してくれていました。

今回作った千鳥格子は、飛騨高山のお地蔵様がお祭りしてあるお堂の扉の窓の部分にあった作りを、Iさんが親子で作るものとして取り上げてみたもの。

6本の同じ長さの角材が格子状に組めるように均等な幅に溝を作ります。2本には、角材の厚みの3分の1の溝を、そして残りの4本には厚みの3分の2の溝を作ります。と言葉で言われても大きな「?」ですが、やってみたほうが分かります。たぶん。

今回使ったのこぎりがまた優れもので、小型なのに、力もほとんど入れていないのに、素直に手前と奥に動かすだけでのこぎり引きができていく、しかも真っ直ぐに、という代物、奥さん、試してくださいな、とデパートで実演販売したくなるような代物でした。
実際東急ハンズで販売しているそうで、私も購入することにしました。Life Saw175series 真っ直ぐきる為の補助具はこれ 

絵を描いたり、粘土形成する時などはある程度アウトラインから固めていくので、その後上からどんどん変えていく作業の仕方になりますが、木工、や裁縫の場合は決められた寸法で正確に作業していく事が一番重要です。(ここが私には一番神経を使う所なんです)
少し、外側を切ってしまったり、少し長めに切込みを入れてしまうと、後の組み立てに全て響いてしまうわけですね。

とにかく夢中になってしまって、こういう素材って触っているだけでうきうきしちゃうのは、何なのでしょう。物を作るのは人の原始的欲求であーる、なんて、ね。私がのこ引きした作品は少しボンド形成をして留めていただいてあるので、後日手に入りますのです。
千鳥格子は応用すると、こんな事も できるそうです。

終わって片付けて、という時に、「俺、ここから自転車で50分位で帰れるから。今日は大工の寄り合いなの。」と大工のDさん。詩吟もやってて、某建築学校で教えてもいらっしゃるという、御年71歳の方。「お姉さん方は、何かのサークルかい?あんた、朝倉彫塑館知ってんの、うちはあのもちょっと先だよ。」と、ペットボトルの冷えたお茶をぐいっと飲みながら、粋でした。さ、サインください。

余談ですが、終わってお茶飲んでいる時に、自分のリアルでの仕事の話になった時に、私の仕事を大事な仕事だ、と言ってくださった方がいて、少し嬉しかった、です。今日まで なのですが、ちょっと覗いて見るだけでもよろしかったら行ってみてください。
[PR]
by t2mina | 2006-08-20 10:38 | 自然・心・体

かしこまり!

d0002224_21123994.jpg
名刺はガス中心で?

[PR]
by t2mina | 2006-08-19 21:15 | イラスト

ほんと?

d0002224_7392251.jpg

夢だったのかな

[PR]
by t2mina | 2006-08-19 07:45 | イラスト

ぼよよん

d0002224_19141434.jpg

ヨガで固まっていた背中を伸ばしてきた後は、
寝転んでも、サザエさんを観てもいい日曜日♪

[PR]
by t2mina | 2006-08-13 19:17 | イラスト