<   2006年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

血液型トラバ あなたは犬派?猫派?

言い訳じゃないよ ほんとのこと。

しんぞぉのおんな のabsinthさんから頂いておきながら。

突然ですが、
血液型云々って、正直、 嫌い!
だってそれで性格の全てがわかるわけないでしょう、っていつも思っちゃう。
髪の色、目の色、背の高さなどと同じ、人によって違う物、っていうくくりなんだけどなあ、私の中では。

はっ!でもね、うちは4人家族ですが、4人とも血液型が違います。
父がAB、母がO、姉がAで、私はB型です。
こらこら、小さくならないで堂々としたまえminaさん!

それでですね、
そんな4人が家族旅行に行くと、レストランで注文するものは皆ばらばら。お土産を買う時は、ここに○時に集合ね、という感じで各自自由行動、という具合。

父が長期航路の船員だったので、その船が日本の港に停泊する時は、私たちが出向いて家族団欒の一時だったので、楽しんではいるんですよ、ええ、仲は良かったです。

でも、行動は皆思ったように動いちゃうんですね。唯一面倒見のいいO型の母だけが、皆を先生のように集め、ふ~、とため息をついていましたねえ。

姉も私も、決めた事はやるタイプだったけれど、姉の方が流行には敏感。私はいつも男の子みたいな格好して、しゃれっ気はあんまりなかったかな。おしゃれよりも、本や旅行が好きでした。

高校の時に飼ったのは柴犬。猫を飼うのは考えられなかったですね。だって一緒に散歩に行って、野原を駆け回れるじゃないですか。雑木林や原っぱが今よりたくさん残っていたから毎日欠かさず散歩は行っていました。

じっとしていられない、そんな私は、もちろん、犬派と思われます。
[PR]
by t2mina | 2006-01-30 00:52

コマ送り

d0002224_23214938.jpg

[PR]
by t2mina | 2006-01-26 23:22 | イラスト

雪化粧

これは雲じゃなくて雪
d0002224_21214499.jpg

入っておいで
d0002224_21223579.jpg

やあ ひさしぶり げんき? ああ おかげさまでね
d0002224_21233819.jpg

綿の花じゃなくて雪の花
d0002224_2124576.jpg

いっぱい足跡付けていい?
d0002224_2133221.jpg

明日には溶けてしまうから
d0002224_21274661.jpg

[PR]
by t2mina | 2006-01-22 21:45 | 自然・心・体

1月1日の空

迷いは
 この空の青さと光に
   吸い込まれてしまえばいい

d0002224_2111349.jpg
d0002224_21111361.jpg
d0002224_21112197.jpg

   彼方へ飛べるように
d0002224_2111424.jpg

[PR]
by t2mina | 2006-01-18 21:23 | abroad

1900円のカット

月曜日はなんとなくぼんやり始まり、職場でも午後はなんとなく眠い感じで過ぎていきました。
で、ふと前髪と後ろを少し切ってさっぱりしたくなりました。

と言っても思いつきなので、美容院のカードを持っていないし、それほどきっちり切ってもらわなくてもいいからもったいないかな、どうしよう、、、と思いたったのが1900円でカットしてくれる所。

日曜の夕方など割りと混んでいて、以前から気になっていたんです。
よし!今日ならすいているかな、と試しに入ってみました。少し切るだけだしね、恐くない恐くない。

結果、思ったより、丁寧なのにびっくり。ローブやタオルなどはシンプルだし、美容士さんも決め込んでなしけれど、自分の名前をいってから、希望を聞き、ブローのあと、最後の襟足の毛先等を丁寧にチェックしてくれて、頼んだ所をもう一回切ってくれたり。

あ、ブローは自分でやりました。シャンプーなど細かい追加料金制のアイテムになっているらしい。床屋さんだって高いところは高いでしょう?美容室のユニクロみたいですね。

で、さっぱりした襟足をなでなでしながら、ドトールでコーヒーを飲み、「ふー!明日もぼちぼちいこう!」と一服して帰ってきました♪

[PR]
by t2mina | 2006-01-16 21:27 | 自然・心・体

あの日の宝くじ

突然ですが、年末の忘年会時に皆様の情報を元に購入した年末じゃんぼ宝くじ、覚えていらっっしゃいますか?懐かしいですね。(私だけ?)

さて、先週、幹事の友人より以下の文章のメールが届きました。

さて、宝くじの当選発表をご覧になりましたでしょうか?
私のボケた頭で確認したところ、末等300円が2枚の当選でした。
再度、頭があまりボケていない状態で確認してみますが、
おそらく敗者復活戦の9月4日「くじの日」に望みを託すという事になると思います。

まあ、一等前後賞以外の小さなことに運を使わず、でっかい事に運を取っておくとい うことで。


という事で、旅行記ドイツ編の終わりとともに宝くじの束の間の夢も飛んでいきました。
明日から、また貧乏暇なしで元気に働きたいと思います。

ひゅ~
[PR]
by t2mina | 2006-01-15 21:29

⑥旅行先での物の値段

国によって値段が高いもの低いものは違いますね。

私が日本で換金した時は、1ユーロ146円、1ポンド217円でした。。

ポンドは現地で変えた方がお得だったらしいですが。

感想としては、日本とドイツでは、似たような金額の場合が多かったし、イギリスでは物によるけれど、物価は上がっているし、全体的に割高に感じられました。

ドイツの場合、EC(ヨーロッパを結ぶ長距離特急列車:3時間半でベルリンードレスデン間の、大人2等往復券は64ユーロ
トラム(路面電車、地下鉄、バスと電車の一部共通)の1回切符は
ベルリンだと、2.1ユーロ、ドレスデン1.7ユーロ 、
一日乗り放題はベルリンで5,8でした。


以下、( )内は日本円

ドイツ・ユーロ
封書郵便 0.55(80) 小型のパン0,5~1.6位(73~233) 
コーヒー1.6(233)カプチーノ2.6(233) カフェ・ラテ3.2(467) 
アップルシュトゥーデル3(438)
名物のソーセージ、ブラートブルスト1.6(233)

数学物理学博物館 3(438) 古典美術館6(876) 
ケストナーミュージアム3(438)

子どもの本・ペーパーバック7.9(1153)小さい絵本(4.5)657 
絵葉書0.6(87)小型のベルリンくま3.9(569)
ぶたお守り2.95(431)


スタバやコスタ等のチェーン点系コーヒー、
S(といっても日本のMサイズ)1.69(366)
カプチーノM(日本のLサイズ)2.6(564)

スーパーのマクヴィティー・ビスケット400g0.79(217)
ジンジャービスケット300g0.44(95)レモンビスケット1.94(420)
ピザ3.9(846)スコーン0.5(109)

『ホビットの冒険』指輪物語のJ.R.Rトールキンの本:ペーパーバック6.99(1,516)
同じ作者のハードカヴァーの本14.99(3,252)
DVD14.99(3,252)くまぬいぐるみ10(2170)"

は写真あり
d0002224_12142363.jpg

d0002224_121444100.jpg

d0002224_1213560.jpg

d0002224_1213241.jpg
d0002224_12135257.jpg


以上
パンやビスケット、さすが、自国で生産される国民食は買いやすい値段ですね。
コーヒーもドイツは日本と同じくらい、イギリスは高めですが、英S→日M、英M→日Lの量が入っていますから。でも、微妙に高め?

そして、本。子どもの本を見た場合、ドイツの方が、種類も豊富で装丁も日本で見かけるものと同じで安心する場合が多い。写真のプロイスラーの作品は、ドイツの作品を英語に翻訳してある語学教材売り場にあって、これなら読める!と小躍りして購入したもの。エンデの『モモ』だと、日本でも簡単に手に入りますけれど。

イギリスでは、外国の作品等、装丁が様々に変わっている場合がある。でもチョコレート工場のロアルド・ダ-ルやハリー・ポッター、プーさん、不思議の国のアリス等、自国の代表的な作品は日本で見たのと全く同じ絵柄。
指輪物語等のトールキンはもともと色んな装丁が出ています。

どちらも安くはないですね。紀伊国屋の洋書売場で売っている値段と変わりなし。あるいは高いものもある。しかし、置いている品数は日本にはない物が一杯なわけですから。

帰国の際には、151cmの日本人の私が、ダッフルコート着て、これらを60リットルのザックに詰め込み、帰国しました。スーツケースなし。

中途半端なバックパッカー?
[PR]
by t2mina | 2006-01-14 11:46 | abroad

⑤ベルリンでの写真・追加

えー、④に入り切らなかった写真を少しばかり

I Love Berulin Bear であります
d0002224_22442726.jpg

旧東側の信号のピクトさん(信号の中の人の絵柄) アンぺルマンという会社がこれをキャラクターにして商品を作っています
d0002224_22454975.jpg

クリスマスマーケットの名残の出店 飾りになる大きくて甘~いクッキーです
d0002224_22491975.jpg

テディ・ベアのシュタイフのベルリン店内
d0002224_2251918.jpg

市内にある第二次大戦で三分の二以上が壊滅した教会
丸窓のステンドグラスは一瞬にして砕け散ったそのままで時間が止まっている
d0002224_22533877.jpg

その隣に新しい教会が立っているが、その中にあるキリスト生誕をモチーフにした飾り
d0002224_22553138.jpg

『ベルリン天使の歌』の舞台になった図書館
d0002224_22581064.jpg

ベルリン・フィル え?こんなにシンプル?ここでコンサートが行われるの?
NHKホールみたい、、、
d0002224_22594362.jpg

おっと、忘れる所だった、ベルリンでは”ぶた”は幸運を呼ぶと言われているそうな
d0002224_8839.jpg


そして案内してくださったのは『ベルリン,りんりん♪』のakberulinさん
どうも、ありがとう!
ベルリンが伝わっていますか?
[PR]
by t2mina | 2006-01-12 23:09 | abroad

④ベルリン市内

d0002224_23372192.jpg
ドレスデンでは小降りの雪がずっと振り続けていた29日、ベルリンでも10年振りの雪に見舞われていたそうです。もともと冬はマイナス気温になる事も珍しくない内陸の国ドイツ
駅で、「雪の影響で電車の遅れは出ていないの?」と聞く私を、案内所のお姉さんは、どうしてそんな事きくのかしら?とばかりに見つめていました。

それでも、予定より早いベルリン行きの電車に乗って戻ってきましたが、路面電車の線路も、自動車も乗り物は普段通りに走っていました
ドイツでは、ホテルでは、英語はまあ話してくれますが、例えばバスの運転手さん、お店の人など、英語だと一瞬たじろがれることは少なくありませんでした

例えば、駅では、英語の話せる職員の所に連れていってくれたり、道を聞くと、「オーヴァーゼアー」で終わりだったりしました

面白かったのは博物館の受付の女性、私の聞いている事は解かってくれているらしいのですが、答えはきっちりドイツ語と、大きなジェスチャー付き
でも、こういうことではないか、と、私も判断し、再び英語で聞くと、向こうも負けじとドイツ語ジェスチャー付きで返し、私は、ああそうか、と解かる、ということがありました

後で聞いたのですが、ドレスデン位だと、まだまだロシア語を話す人もいるとのことでした
そして、ベルリンは、プラハ等の東欧の方が近い、そう、国が東と西に別れていた所なのです
d0002224_0403141.jpg


友人が出来るまでは、自分でベルリンを選んで行く気持ちは正直ありませんでした
ベルリンと言われると、少し前に『グッバイ・レーニン』というのがありました

これも楽しい映画だったけれど、私が思い出すのは、ヴィム・ヴェンダース監督の『ベルリン天使の歌』ですね 少し前にメグ・ライアンとニコラス・ケイジの『シティ・オヴ・エンジェル』っていう映画があったんですが、その元になった映画と言っていいのかな、ちょいと詩的な、映像もきれいな映画なんです

ベルリン市内で撮られた映画なので、撮影場所の地図も手に入ります
右端に映画の撮影場所地図、下にトラムの切符、中央にECの切符、大きいのはベルリン市内地図
d0002224_234049.jpg

ベルリン戦戦記念塔の上にたたずむ天使はこんな映像でした
d0002224_23431782.jpg

本物の記念塔です。街の中心ティーア・ガルデンという大きな庭園(ちょっとした林くらいに、充分迷えるんじゃないかと思える)の、ど真ん中にあります
ためつすがめつ眺めました、、、 大きいの!
d0002224_23481233.jpg

d0002224_0392534.jpg


同じ敷地内ブランデンブルグ門があり、(雰囲気は外苑前、規模はその何倍か?!)31日をお祭り騒ぎですごそう、という為の出店、舞台が組み立てられている途中でした
仮説トイレもあり、寒いだろうに、それでもcrazyに騒いで過ごす場所と化すそうです

でも東西に分かれていた頃には、この門の内側にも壁はつながっていました
そして、今では旧東側の方が再開発されて、非常に西ヨーロッパらしい、(うーん、丸の内ビルをもっともっと立派に大きく威厳がある外観と近代的な内装にしたような)目抜き通りになっていました。そこの文化の方がトレンドとなっていて、むしろ西側の方が、70年代に流行った建物と少し以前に流行った文化になってしまっているそうです

ベルリン天使の歌の舞台になっていたベルリンフィル横の図書館はまだありましたが、近くには、ソニーセンターが出来ていました
今のベルリンのイメージは『グッバイ・レーニン』の映像の方がうんと近いですね

d0002224_23505112.jpg

お土産屋さんには「壁を砕いた石」がはがきに入れ込まれたり、小さい容器に入れられて売っていました 本物かな?

今も少し残してある所が郊外にあるそうですし、チェックポイント・チャ-リーや展示館もあるそうです

時々、壁の色がコンクリート打ちっぱなしでくすんだ色だったり、公団住宅の様な、少し昔に流行ったんだろう建築物が残りながら、近代的な美しさもも兼ね備えた街ベルリン

壁があった頃の東の文化をおしゃれに変えて、様々な人種が共存しながら、独特なたたずまいを見せてくれました。

因みに。ベルリン観光をした日は、雪の日休みの30日。晴天も見られたくらい、やはり、晴れ女の私でした。
[PR]
by t2mina | 2006-01-11 23:06 | abroad

③ドイツのパン♪

ちょっと一休み今日はパンのお話を

最近は日本でも本物に近いドイツパンが手軽にたべられますね
例えば、紀伊国屋に行けば黒っぽくて四角く小ぶりのパンが200円台で変えます
それぞれライ麦を使っていて、酸味のあるのが特徴ですね

朝食のイラストの細部を拡大
これは、ライツ・ブロートっていうらしい ドイツ語でパンはブロート
酸味は弱め
d0002224_22213116.jpg

d0002224_22203073.jpg

少し、干した果実やナッツの入ったもの・果実の甘さ
d0002224_22224433.jpg

四角い小ぶりの食パン風でも黒くてしっとりずっしり 
ライ麦70%位のプンパニッケル 酸味強い
d0002224_22271664.jpg

ライム麦60%位の他に麦の粒が入ったシンケンブロート
d0002224_22283741.jpg


これにヨーグルト(上)やカッテージチーズ、カマンベールチーズ(下)なんかを乗せたひには、、よだれが、、、
d0002224_2234676.jpg

d0002224_2234381.jpg


いわゆるフランスパン風のプチパンもあり
ワッフルもあった
d0002224_2310813.jpg

d0002224_22304964.jpg


それから①でお知らせしたアップルシュトゥーデルとかアップルクランブルはアップルパイに近い
お店によってリンゴがごろごろしてたり、ジャム状だったり、でも、基本的に果実の甘さで、さっぱりした甘さほホームメードタイプ
d0002224_2238268.jpg

d0002224_22472687.jpg

街のパン屋さんで買ったパン
アルプスの少女ハイジにおばあさんの白パンって出てきたよね
d0002224_2249640.jpg


そして、こちらはイギリスの全粒粉の食パン(荷物の中で変形したの)と
d0002224_1034244.jpg

クランペットというパンケーキのようなもちもちした食感の甘くないパン
d0002224_2354433.jpg

左がイギリスの街で当たり前に買える0.5ポンド位のスコーン
右の日本の小ぶりの物と比べると大きさがわかります
d0002224_2254485.jpg


美術館で飲んだカプチーノ
d0002224_22563964.jpg

ベルリンで飲んだミルヒ・カフェつまりカフェオレ
カップの天使が妙に妙に愛嬌があったのでスケッチ
d0002224_22592284.jpg


う~ん、三食カフェでもいいなあ、、、
d0002224_2363986.jpg

[PR]
by t2mina | 2006-01-07 23:07 | abroad