<   2005年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ポストマン・パット

以前、旬のイギリスさん の所で、書き込みがチャット状態になった、話題が英国のアニメ「ポストマン・パット」。
(うわー、私、間にこわ~い発言してるわ、、。)

渋谷郵便局に、この等身大の人形あるという事をこの書き込みから知り、行ってきました。

果たして、ポストマン・パットの指は4本か、5本か?
d0002224_22193342.jpg

はるばる異国の地で生まれて、「郵パックはゴルフの宅配も致します。」って宣伝に使われているなんて、、、。

さて、指は、、、
d0002224_22201380.jpg

d0002224_22221878.jpg

おおおおお~、5本きちんとありましたよ。花粉症さん、akさん、リサさん!そして、ポストマン・パットを知っているあなた!

リサさん、記事には関係なくてもトラックバックしますね!
[PR]
by t2mina | 2005-10-31 22:24 | abroad

行ってきました!②写真編

大江戸前世占い とやらでは 「飛脚」 と出た私。
はい、当たっております。じっとしておりません。

ここからは写真編ということで、一気に写真の公開。
秋の自然を満喫してくださ~い。

まずは、朝の京都御所。
ここはとても手入れがよくて、下草の緑が刈り込まれさっぱりしています。朝日を受けると木立と共に眩しかったです。
d0002224_20552210.jpg
d0002224_2057988.jpg
d0002224_20555494.jpg
d0002224_20561330.jpg
d0002224_2058266.jpg


かつての公家の敷地と言えども、今では人々の憩いの場にもなっているようですね。
広々とした空間が気持ちいいもの。

さらに午後の御所からの空と紅葉もおまけに。
d0002224_22373937.jpg
d0002224_22381259.jpg
d0002224_2238346.jpg
d0002224_22404052.jpg
d0002224_22393228.jpg


そして鞍馬の山にも行って来ました。
Gさん、真似したわけではなく、私も今度の京都のねらいに入れていたんですよ。ちゃんと奥の院まで行って来ました。
ただし、牛和歌丸が修行した地を見たくて、というねらいでですが。(汗)^^;
d0002224_21122723.jpg
d0002224_21113385.jpg
d0002224_21132868.jpg
d0002224_21135710.jpg

d0002224_2130813.jpg

1枚目は鹿のお食事中。
4枚目は、遮那王が奥羽に去る前に、鞍馬を偲んで自分の背丈を比べた石だと言われているそうです。この辺の木立の間で、天狗と修行をしたそうですよ。



そして、これが郷里で行った観光地と、母が持たせてくれた庭の柿とお土産です。
d0002224_21301967.jpg
d0002224_21291319.jpg
d0002224_2131333.jpg


さて、ただいま!新幹線で大井川を渡るだけで、外国に行ってきたかのような気分になれました。なんて安上がりなんだ。

でもね、郷里にいた時の自分も、今の自分も一繋がりの自分。あの時それを選ばないで、こちらを選んだのも自分。比べる必要はない。そうやって自分は明日も繋がっていくのだから。
(な~んて!^^)
[PR]
by t2mina | 2005-10-31 21:34 |

出かけてきました!①イラスト編

ひさ~しぶりに遠出してきました!
土曜日の夜行バスで京都に行き、足を延ばして、郷里により、高校からの友人に会い、
実家にも泊まってきた、という形です。

こちらはイラスト編なので、(映りの悪さ、ご容赦ください!)
まず、 「進々堂カフェ」 。こんなにイラスト描いてしまうくらい、長居してしまいました。

d0002224_19491283.jpg

創業が大正時代で、レトロ、といえばそれまでなのですが、店内が天井も高くて外から見るよりぐんと広い。コンクリートの壁に黒っぽい木の柱、テーブルも同じ色の木材の大テーブルが4台、お客はそこに合い席して座ります。

私は、カフェオーレとママ-レードジャムのトーストを注文しました。
d0002224_19423895.jpg

d0002224_1943284.jpg

お腹すいたあ~♪

ミルクコーヒーなんていうメニューもありましたが、カフェオレとの違いはなんだろう?
パンもここで焼いているので、買えます。トースト、サンドイッチのメニューも豊富で、
あとは、評判のカレーもあります。

短大の頃始めていきましたが、その頃から雰囲気が変わっていない!
たぶんもっと以前から変わっていない!お客さんも本を読んでたり、会話してても、混んできても、静かな雰囲気があるんですよ。

私がこれを書いてても、じろじろはされないし、すごく気が楽!
さらに、中庭があって、そこにも席があります。店内からはこんな感じ。
d0002224_19481983.jpg

コーヒーをお代わりしてイラスト描いて2時間は居たかと思います。

緑も見れて、こんなに気楽にしていられる喫茶店を少なくとも都内では私は知りません。

それから、これが、私の友人、美人のNちゃんとその息子のR君。
d0002224_1957557.jpg

大らかな人です。でも、決めるときはきっぱり決めて、自分の立ち位置はちゃんと解かっている頼もしい友人。

ずっと、パタンナーの仕事していたけれど、ある時きっぱりやめたNちゃん。
「今日、おいも堀りだったよ~。」と笑ってお母さんしてました。
あの時こうしていたら、とか、行き違っちゃた友人にやっぱり連絡とるね、とか、
毎日会ってる友人のように話し込んじゃいました。

そして、電話の向こうで、
「こっちは冷え込んできたから、来るんだったら暖かくしてきなさいよ~。」
と教えてくれた、これが、母。
d0002224_2074589.jpg

「えっと、食後はこれを飲んで、、、。全く年をとるとねえ。」等父の薬を分けておりました。
もうリタイアして家にいる父のことは、母にとっては大きな子ども以上に手が掛かるようです。

母さん、毎日お疲れ様、、、!
[PR]
by t2mina | 2005-10-31 20:19 |

届きました!

郵便物の中身は、、
d0002224_20525553.jpg

今日届いたばかりの小さいバケツ型バック。
薪ストーブのある生活 のrioさんの手作りです。
d0002224_20524041.jpg

リオさんは、今年の3月、私がブログを始めたばかりの頃、当時放送されていた、倉本 創 作「優しい時間」のことを書いたのがきっかけでお付き合いが始まった方です。
別名「森の時計つながり」ともいいます。^^

リオさんは2人のお子さんのお母さんで、ご主人を含めた4人家族で、薪ストーブのあるお家に住んでいます。

最近手作りの機会が増えたので、楽天でオークションに出品したとのことで、購入させていただいたのが、このかわいいバケツ型バックたち。

前略 rioさん、
ほんとに届いちゃったよ~♪
このクローバーやお花の刺繍にそそられました。
見つめてにやにやしております。
大事にしますねっ!
どうもありがとう。
[PR]
by t2mina | 2005-10-29 21:57 | TB・ブログ

ランド・オブ・プレンティとヴェニスの商人

先週末「ウォレスとグルミット」が見たかったけれど、東京国際映画祭、日曜日のみ。全席指定=席は急にはとれない。う~んと笑いたかったのになあ~。

、、、というわけでもう一つ見たかった「ランド・オブ・プレンティ」を観た。
舞台はロスアンジェルス。9・11以来、街を自主的に巡回して、テロ撲滅に努める男。かなりのアメリカ贔屓の思い込みとテロのトラウマで行動している。

そこに会いにきた姪。彼女の母はこの男の妹だが、アメリカが全てとは思えず、兄とは決別、イスラエルで娘と暮らしていた。その母が亡くなったので、娘はこの男、つまりおじさんを探してやってきた。

その後、男は頑なな態度をだんだん開いてくる、というロードムービーである。

その中で、「9・11の事件が報道された時、イスラエルでは、、歓声があがったのよ。」「なぜ?」「彼らは、、、アメリカがきらいだから、、。」
「でも、憎しみあってもしょうがないでしょう?」
と、叔父さんであるその男と姪である娘はグラウンドゼロを見に行き、
「よく、耳を澄ますのよ。」と立ち尽くすシーンで終わっていく。

で、今週末は映画として制作された、シェークスピアの「ヴェニスの商人」を観た。

逆境の中の恋、の感じはロミオとジュリエットのように、わくわくさせられた。
さらに、そこに、男装して裁判の中で知恵と機転をきかせ、さらには指輪で愛する人の友情度や自分への愛情度まで試してしまう、女性たちの姿が可愛くもあり、素敵でもあった。

男性も油断してられませんね。

ここで出てくるシャイロックはユダヤ人である。
中世にも、差別され、限られた地区での生活を余儀なくされていた。
完全懲悪、確かに、自分の心の全てをダークフォースに売り渡してしまったような生き方をしているし、回りからも敬遠されている。
昔話でいえば、意地悪、欲深じいさん、こぶを二つつけられてしまいました、、、
っていうことになるかもしれない。

でもね、でもね、そうされてしまった環境であったとも言えると思うんですよ。
ユダヤ人は、まともな仕事は与えられず、利子をとっての金貸しは神への冒涜と言われ、
つばをかけられ、あきらかに強いたげられた日々。

最後には改宗することも条件にされて終わるあたりは、かなり、一面的な見方の作品なのではないかと、なぜ、シェークスピアの作品って有名なんだろうと、腑に落ちないものが心に残った。

いや、美しい映像、音楽だったし、先に書いたように機知に富んだ楽しさはあったんですよ。
でも、前提にしている背景自体に疑問が残ってしまったわけです。

ランド・オブ・プレンティの最後のシーンのように、
憎みあっても、何も生まれないでしょう、って
耳を澄ませたいなあ、と思いましたね。
[PR]
by t2mina | 2005-10-29 21:50 | 本・映・音・展

お金持ち

8番目にクリック!スヌーピーの作者C.M シュルツさん偉大だ!
手持ちのCDをライフログにも追加。

上の記事が今朝。

で、夕方泳いできたものの、昨日のヨガによる筋肉痛。
いててて、と言いながら泳いだのだ。
[PR]
by t2mina | 2005-10-28 07:50 | 自然・心・体

ヨガ

inhale 吸って、、、、、
exhale    はいて、、、、、、

体の声をきいて
今までの自分は
色んな体の動きを通した
積み重ねともいえるでしょう?

季節が変わっていくように
体を通した自分も
いつも同じと思わないで

いつもこうできるから大丈夫なのではなくて
体の声を聞いてあげましょう
胸に息をすって、胸から吐いて


これはヨガのせんせいが言ったことば。
いつも体を動かしているし、と思っていても、春夏活動的だったぶんの疲れが秋ごろ出てくる私は、この寒くなってくる時期にちょっと元気がなくなる。
それを再認識したところ。

ヨガは、6月位に始めてやって、まあいいかな、位だったけれど、今日はとてもやってみて調子がよかった。呼吸を言われたとおりに出来ていたのか、ポーズを進めていくにつれ、体が暖かくなって、汗ばんできた。飛び跳ねるわけでは全くないのにね。

不思議なものですね。

他にも、ブログの中で、色んなところにお邪魔してその人なりを感じたり、コメント頂いたりしたことで、人は色々なんだなあ、と思って気持ちが晴れてきた。

こんな形もありなんだってね。
自分の形もありなんだ、ってね。

今日は体も心もほっこり暖かくなってます。

ほんとに  不思議なもんですね。

座禅をくんできたそうです、この方にトラックバックさせて頂きます。
[PR]
by t2mina | 2005-10-27 22:37 | 自然・心・体

からまわり

d0002224_19242677.jpg

この週末あたりからちょっと空回りが多くてね。
こいでもこいでも空回りしちゃってる感じなんですよ。

ちゃんと人とは連絡をとって確認しておかないと
行き当たりばったりじゃだめだよね。

人との距離のとり方がほんとにへたっぴだなあ、、、。
と、珍しく落ち込んでいるのかしら、私?

あら、ちょっと元気がないかも、早く帰ろう、
、、、、と思ったら、
今日朝から、みかんとウェハースとコーヒーしか食べてなかった!
いかんいかん!

これから夕飯食べたら
いつもより色んな方々の所にコメントお邪魔しにまいります。
遊んでね~。♪
[PR]
by t2mina | 2005-10-24 19:19 | 自然・心・体

パンを求めて三千里

いい天気でしたね~。
ゆっくり起きた日曜日、以前から一度行ってみたかったパン屋さんへ行きました。

国立にある 「タルムリエ」 住所:国立市東3-4-4  0425-76-4178 というパン屋さん。
こんなパンです。
d0002224_2013658.jpg
d0002224_2015482.jpg

見た感じより、ややしっとり感があるんです。
以前書いた「ルヴァン」のパンは固くて色も濃いんですが、こちらはそれよりは弾力があって色も白め。どっちも好き!!なんです、、よ。

いつも、都内のお店で買っているのですが、本店の住所が書いてあったので、いつか行ってみたいな、と思っていたわけです。

そして、友人とその先生の「羊毛フェルトの作品展」もその近くでやっていたので、ちょうどいい!とはしごしてきました。

パン屋さんの中はこんな感じ。
d0002224_19494587.jpg
d0002224_19483486.jpg
d0002224_19501463.jpg
d0002224_19503211.jpg

小さいんですよ。
店内もシンプル。給食室のようにシンプル。
品数も、カンパ-ニュ、ドライフルーツの入った山、角、黒大豆、ライ,など。そして、全粉粉やライ麦使用。
職人さんも、職人気質とお見受けする方でしたが、説明は丁寧で写真も撮らせてくれました。

で、途中にあった、こんな郊外に子どもの本専門店!と驚いた 「ペンギンハウス」
d0002224_2064880.jpg

そして、おいしいに違いない匂いのしたカレー屋さん。「インディ庵」
d0002224_2092246.jpg


国立は駅前のロータリーから放射状に通りが分かれている形やパチンコ屋さんが駅前にない姿は私の知る頃と変わっておりませんでした。

で、変わってなかたのは、友人の作品展が行われているギャラリー
d0002224_19565468.jpg

のある某私鉄駅前とその周辺。駅裏はちょっと公園になっていて競技状もあります。
私は短大の2年間ここに通っていたのです。
d0002224_20122146.jpg

残念な事に、行き違いで友人とは会えなかったんだけど、今日連絡してみようっと。
今度、作品の写真撮らせてね!
[PR]
by t2mina | 2005-10-23 20:20

レオナルド・ダ・ヴィンチ展

aradas さんの所からトラックバック

私も9月に見に行きました!

天体関係のメモがとても面白くて、釘付けでした。
月がこの位置に来た時に、太陽からの光で影になり、この様に見える、ふむふむ、、、

と読んでる途中で隣のおばさまが断りもなく次の画面に変えてしまい、「おいおい!」なんていう、意味の解からない展示の仕方をしている所には困りましたが。

しかし、最後に全てのメモをPC上で見れるブースがあったので、感心したり。
イタリアのミラノに レオナルド・ダヴィンチ科学技術博物館 というのがあって、行った事があるのですが、そこには、飛行機、自転車等の彼の理論に基づいた、試作品等が展示されていたのを懐かしく思い出しました。(自慢?)

さらに最後には、1ページづつの展示で規則的に照明が暗くなるブースでは、明るい所を巡って見たい所を、それっ!と廻ったりして、堪能してきました。

ビル・ゲイツの手にかかると、こういうハイテク美術展になるのね、しみじみ。

これが、この展覧会で買った絵葉書と入場券。
d0002224_11515679.jpg
d0002224_11521456.jpg

そして、これが、イタリアの博物館のパンフレット。
d0002224_1153998.jpg

ミラノには、これを見に行ったんです。
d0002224_1153625.jpg

右端がキリスト。左から二番目の顔が見えないのがユダですね。
d0002224_11544794.jpg

ミラノのドゥオモ(大聖堂)。
ついでにヴァチカンのシスティーナ礼拝堂の天井、ミケランジェロの最後の審判。
d0002224_122010.jpg

その中のアダムが創造される図。
d0002224_12214081.jpg

神の予言の巫女って言えばいいのかな。
d0002224_12203048.jpg

大好きなピエタ像。
d0002224_1222913.jpg

以上、日曜美術館もどきでした。(笑)
[PR]
by t2mina | 2005-10-23 12:22 | 本・映・音・展