<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

子ども・大人・老人

先週聴いた児童文学の講座から。

子どもと老人の共通性とは、どちらもあの世に近いことである。
生まれるまえの世界と死後の世界という意味において。
そして、どちらも、存在することに価値がある。
こちらは知恵が司る世界で、質的世界という。

これに対して大人は、目的を持って生産して獲得していく存在である。
そこにあるというよりは、するという存在。
こちらは知識が司る世界で、量的世界という。
この世界が大きくなりすぎて質的世界を圧迫すると、
虐待や早期教育に走るなどのひずみがおこる。

なぜなら、存在するだけの老人に価値が見出せず、
自分もそうなる事が怖くなるから。
また、子どもを早く生産できる存在にしたくなるから。

パラドックスとしての認識
①老人は口がうるさい。それはいつも放っておかれるから
②老人は社会の進歩についていけない。ついていけないから価値がある。
③老人は何もできない。何もしないから価値がある

もちろん、老人の年令は線を引けないし、どうしようもない人がいるのは
大人でも同じこと。自分の利益のみで生き続ける場合もあるから。

だとしても、存在としての子どもに始まり、生産としての大人になり、再び存在としての老人になって一生が終わる流れは変わらない。

そして、大人だけができるのは子どもと老人、両方の時代をイメージできるということ。
大人がいなければ、それはできない。

色々な地域、年令、職業、などなどのなかに個人がいて家族があって、地域があって、社会が構成されている。
家族の中心も必ずしも父ではなく、その時々によって微妙に変化させていくのが今流である。

っていうお話でした。

これを聴いて、私、自分が小さい時によく遊びに行ったお宅にいたおじいちゃんを思い出しました。なんていうのか、しつけるとかではなくて、そこにいて話を聴いたりしていただけなんだけど、まだ覚えてるんですよね。
それから、父の事も、存在していてくれることをうれしく思いました。

いや、書いててちょっとお利口っぽいというか、でも聴いて面白かったので要約して載せてしまいました。

「風の歌が聞こえますか」のアウェイさんのhttp://www.mypress.jp/v2_writers/song_of_wind/story/?story/_id=1054444「持つ様式」と「ある様式」という記事、興味のある方はどうぞ。
[PR]
by t2mina | 2005-06-26 20:12 | 本・映・音・展

試験終わった!

今日は3科目ほど単位をとるための試験を受けてきました。

以下が私の感想です。

テキストと事前に出したレポートに沿って勉強した事を、
過去問題をもとに厳選した後、
持ち時間一時間の中で、
最後にできることと言えば
「集中力と火事場のバカ力を駆使する」で・し・た!

ともあれ、よく頑張ったよ!Well done!である事を願います。

あ、スクーリングで共に学んでいる方と偶然会いました。
彼女はAmericanで日本で英語教師をしているそうなのですが、今の状況だと
専任教師と共にペアティーチングしかできないそうです。
なので、日本での英語教師の資格をとるべく学んでいるんだそう。

「問題は日本文なのに読んで理解できるのね、」と聞くと
「何を聞かれてるかはわかるんだけど、漢字がね、ほら、例えば、給料の給って、どんなんだっけ~!って書く時に困るのよ。」って英語と日本語を駆使して話していました。
発音等は、逆に先生から質問されたりしています。
おもしろいでしょう?

明日は、その彼女が朗読する予定なので、楽しみです。
[PR]
by t2mina | 2005-06-26 17:21

ミュージックバトンがやってきた

我が家にもやって来た。

hotchaiさんの所から頂きました。
昨日他のブログで他人事のように楽しんでいたばかりです。

・コンピューターに入っている音楽fileの容量
 不明ですぞ。pcで音楽聴かないのでス。

・今聴いている曲
「Against all odds」見つめてほしい Phill Collins
 いつ聴いてもいいのだなあ。アイポッドはないので
 MDウォークマンでボリューム一杯にして帰り道に
 聴いてました。
 
・最後に買ったCD
 「Free Soul」 ーMarvin Gaye-なんせ昨日購入ですから。
 旬のイギリスさんのところでみて聴いてみたくなった
 「Mercy Mercy Me」が入っているCD。メロウな曲調でした。

・よく聴く、又は特別に思い入れのある5曲

1、Home And Dry -Petshop Boys-
  とてもおしゃれな曲調が好き。自転車こぎながらボリューム大きめにして。

2, 「English Man in New York 」-Stingー
  Sting好きなんです。

3, 「Beautiful Boy」  ーJhon Lenonー
  12月になってクリスマス近くなると聴きたくなります。

4, 「Merody Fair」 - Bee Geesー
  始めて見た映画の主題曲。この時の気持ちを忘れないように
  生きていきたいな、と。

5、 「Sun Rise」 ーNorah Jonesー
  夜、のんびりしている時に聴くとリラックスできます。

・バトンを渡す5人の方へ
 忙しくなかったらもらってください!

 風の歌がきこえますか のアウェイさん
 ベルリンりんりん のAkeBerlin さん
 rioさん
 Chubb's Chumber さん 
だらだら日記さん
 
 よろしくお願いします!
 直接コメント欄にお知らせにあがります。
[PR]
by t2mina | 2005-06-19 21:22

ドイツとウェールズ

久しぶりに旅行記です。
記録によると’02年の8月にドイツとウェールズに行きました。

ドイツ滞在は少しだけ。テディベアを創っているシュタイフの工場に行きました。
Ulm(ウルム)という小さな街にその工場はあります。
d0002224_19401960.jpg

フランクフルトから入って日本人の方の経営するホテルに泊まり、シュトゥットガルトを通って行きました。これはメルセデスベンツの会社です。
d0002224_1942196.jpg

私が行き会った車掌さんも郵便局員さんも英語は無理だったので一生懸命地図をみて写真で行き先を説明し、ようやく到達。ミーハ-と言われてもやっぱり感動しましたね。
今私の手元にあるくま君は毛並みの眺めのこの子達。
d0002224_19425089.jpg

フランクフルトからイギリスのManchester(マンチェスター)にまず入りました。
そこで寄っちゃったんですねえ。当時まだBeccum(ベッカム)がいた頃のManchester Unitedの拠点となる競技場とショップへ。
d0002224_19432295.jpg

こんな似顔絵看板があるのには何だか笑ってしまいましたが。
上段左から3人目がベッカムと思われます。
d0002224_19433547.jpg

ショップで買ったピンバッジや帽子はまだ持っています。(笑)

次の日はもうウェールズに入り、バンゴールという町で一泊。ウェールズのこのあたりにはお城が多いです。
d0002224_19535995.jpg

Snowdon(スノードン)という登山電車のある山に行きました。何年越しかな、いつか行きたいと思っていた夢が実現しました。
d0002224_19442112.jpg

d0002224_19444396.jpg

d0002224_1945870.jpg

d0002224_19452464.jpg

d0002224_19454727.jpg

d0002224_19461256.jpg

d0002224_19464170.jpg

あらら、何だかやっぱり私が行くところは、自然の多いところと本にちなんだキャラクターの居る所というか、似たような写真ですね。
d0002224_1947877.jpg

ま、その為に行くわけなのでご容赦下さい。

そして必ず行程に海辺を入れます。Criccien発音が難しい。クリッケシュって感じだったような気がします。
海辺で泊まりながらそこから少し足を延ばして行ったのはHarryPotterに出てくる蒸気機関車が撮影されたという話のPorthmadog(ポートマドッグ)という所。イギリスにはこんな蒸気機関車、多いですね。
d0002224_1948171.jpg

d0002224_19484715.jpg

下にあるのがHarryPotterの機関車のプラモデル。真ん中にある緑の小さいタグがつけられているものがそうです。マニアの方にはよだれがでるのでしょうか?
d0002224_19491029.jpg

他にもたくさんありました。
d0002224_19511298.jpg


クリケッシュは家族旅行にいいんじゃないかと思われる、静かなビーチリゾート。お城もあり。朝早くの散歩が似合います。お城もあります。
d0002224_1952026.jpg

d0002224_19523320.jpg

d0002224_1952494.jpg

ここからバスで南下して車窓から緑を満喫した後、ウェールズの首都のCardeif(カーディフ)へ。それから友人の住むManchesutar(マンチェスター)に向かったのでした。ぐるりと一周って感じでした!
d0002224_1953143.jpg


夏の匂いがそろそろしてくる時期なので旅行記を載せてしまいました。
やっぱり根っからのスナフキン体質な私です。
[PR]
by t2mina | 2005-06-19 20:05 | abroad

ローズマリー

3年越しの鉢植えのローズマリー。
5月に花が咲くのですが、今年は、今朝咲いてました。
思いがけず今日咲くのは、実は、ちょっと嬉しい、です。^^
d0002224_8183570.jpg
d0002224_8184928.jpg
d0002224_819464.jpg

[PR]
by t2mina | 2005-06-12 08:19 | 自然・心・体

再びスクーリングなのだ

ヘミングウェイの2回目でした。
今日はThe Killers(殺し屋)というお話。

文章そのままに訳すのと、翻訳された読み物との違いを感じましたね。

ヘミングウェイの短編の様に、会話や状況が感情表現抜きでどんどん描かれていく文章では、その場面設定を文章から読み取るのがイメージを膨らませる鍵となる。
(たくさん映画になっているのは監督の解釈の幅が広くて取り組みたい気持ちにさせるからなんですって)

そこで自分の感覚で深読みして「こんな感じがする」で済ませるのは、あまり共感できない事が多い。

それよりも、文章の中に状況を示す具体的な文章が証拠としてあるので、それを見つけ、~という事はこういう状況なんだ、と読み解いていく。推理するみたいに。

例えば、「今までにそいつにあったことなんてあるわけないじゃないか。これから一度だけあうんだ。」という文章で、ああ、雇われ、プロの殺し屋なんだ、と推測する、っていう風に。

他にも例えば、"bright boy"という呼びかけを「かしこいぼうや」か、「お利口さん」か、「頭のいいあんちゃんよお」のどれに訳すかは、状況を把握していないとできない、のです。

英語ではあるけれど、日本語でできるだけ近い状況で知らせたい場合、国語能力がかなりの部分を占める。ことばの持つ力の大きさがある。
[PR]
by t2mina | 2005-06-06 23:51

ホッケー

神宮外苑の入り口で、日曜日に、ローラーブレードでミニホッケーやっている方達がいます。

今日のプレイヤーは全員男性で、外国人と日本人、小学生位の子、コーチ位の年令の方も混じってさわやかにプレイしておりました。

それをキャッチ!クロッキーにしてみました。
早くてペンが追いつかないよ~。
d0002224_20225632.jpg
d0002224_20231433.jpg
d0002224_20233410.jpg
d0002224_2023515.jpg
d0002224_2024566.jpg
d0002224_20242770.jpg

青空の下でね。
[PR]
by t2mina | 2005-06-05 20:26 | イラスト

レイモン・サヴィニャック

Chubb's Chumberさんの所からトラックバック『芸術新潮』 '05 06月号

レイモン・サヴィニャック(仏)の作品展のことを知り、青山のギャラリー、アイ・スタイラーズに行ってきた。

まず、色のセンスの素晴らしさ!さわやかでおしゃれである。
そしてユーモア。見たとたんににやりと笑わせてくれるて嬉しい。
さらに、元気をくれる。分かりやすいんだもの!

カタログの中から3点。
d0002224_0211057.jpg

ペリエ(’49)
d0002224_0234677.jpg
トブラーチョコレート(’51)
d0002224_022021.jpg

森永ミルクチョコレート(’58)
d0002224_0213524.jpg

現在、サントリーミュージアム天保山(大阪)にて4/29~7/3にて展覧会開催中
[PR]
by t2mina | 2005-06-04 00:23 | 本・映・音・展