<   2005年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

一区切り

今日で一区切り
明日から
違う場所で仕事をする
周りの人々が変わる

自分が思っている事を
どれくらい相手に伝える事ができるのか
何よりも
どれ位相手と対話できるのか

へえ、そんな風に思っていてくれたんだ、と
驚く瞬間
自分が感じていない位
結構認めてもらってたのね

つまり、私なんてと思うより
言葉より行動よ、だけで終わりにしないで
自分の考えは丁寧に
相手に伝えていくべきだ

一区切りの
その後も
[PR]
by t2mina | 2005-03-31 07:35

湖水地方

d0002224_7595315.jpg湖水地方は、Oxenholme(オキシンヘルム)という駅で降りてローカル線に乗り換えて行きます。舌に小さくThe Lake District と書いてあるでしょう?

ここで泊まったB&Bの朝食と朝食をとった部屋。朝早かったのでこんな感じ。
d0002224_821316.jpg









いわゆるピーターラビットの故郷と言われているNearSawrey(ニアソーリー)村へはフェリーで行きます。
d0002224_8101772.jpg

d0002224_8104987.jpg

d0002224_8111977.jpg

はい、着きました!ここかは2回目のブログでお伝えしたフットパスに入っていくわけです。
ポターの家には大型の観光バスと日本人の人だかり!
d0002224_8265677.jpg

それもいいけど、この緑の中を歩いて空気を吸いたいの!という私のやり方で歩いてきました。
私も観光バスのった事はあるし、それも一つ。否定はしません。でも、その時に遂げたい望みや、選択の仕方はありますよね。





草原と言っても山に近いくらいの起伏に富んだ丘をトレッキングするとこんな風景。
d0002224_8253553.jpg

途中で立ち寄ったカフェ。
d0002224_8324266.jpg

d0002224_8391465.jpg
詩人、ワーズワースの名前のホテル。一泊しました。宿箔料が安いからできる事。
d0002224_840266.jpg
長い旅が終わり、これから帰国に向けてロンドンへ。列車には大きなバックパックなるザックをしょった若者が珍しくありませんでした。彼らは陸続きの利点を生かしいて早いうちから色んな国を旅し、2~3ヶ国語を話す人も珍しくないといいます。フットワーク軽く、そんな気持ちでこれからもいきたいと思います。
[PR]
by t2mina | 2005-03-29 08:46 | abroad

オックスフォードから湖水地方へ

コッツウォルズを出た後、湖水地方へ向かう途中オックスフォードへ。
d0002224_7212077.jpg
d0002224_7214094.jpg
ヨーロッパの駅は立派ですね。今日の宿は窓からレールが見える位近いB&B。建物は歴史を感じさせられる物が多く、くすんだ色合いに見えます。
d0002224_726737.jpg
d0002224_7263584.jpg

ビルの角に魔物のような飾りが見えますか?これはガーゴイルといって用途は雨どいの一部。雨はこの魔物の口から入りといに流れます。なかなか愛嬌があるからか、絵葉書やマグネットの絵柄になっていました。 もちろん惹かれて買いましたよ~。 
d0002224_7312386.jpg

これは、古本屋のおじさん。なんと行ってもオックスフォード大学がありますから古書も充実。私はAAミルンの詩集を買いました。最初ゼロを一つ間違えていて、現金で、と出した所、困ったようなおじさんの顔。ごめんなさい、カードで買います、、となったのでした。
写真を撮らせてもらう時「ガーゴイルに似てる?」と言って笑っていました。
d0002224_742723.jpg
d0002224_7422397.jpg

大学内のクライストチャーチの中は観覧できます。案内人は山高帽のおじさん。不思議の国のアリスを書いたこの大学の教授である事から本も売っていました。

翌日、湖水地方へ向けて出発!
[PR]
by t2mina | 2005-03-29 07:51 | abroad

森の時計に行きたい!

森の時計

 hotaruさんの所からトラックバックさせて頂きました。
すてきな写真が見れますよ。

 この番組見ることが一週間の癒しになっていました。
 だから、おわっちゃったのはとても寂しい。
 でも、世の中にずっと同じ形を留めているものはないと思うので
 後は自分の中に取り込んで
 糧にしていけばいいのよね。

 ミーハ-と言われても行きたい!
[PR]
by t2mina | 2005-03-26 08:14 |

コッツウォルズ

 イギリス南西部コーンウォール地方のセントアイブスから地図上の中心部に向かって電車を乗り継ぎ約7時間、コッツウォルズ地方にやってきました。
d0002224_7411492.jpg

 ここは、当時林 望さんのイギリスについての本で知った、散歩道フットパスや緑の牧草地やパブがある村々が点在している地域。そんな風光明媚な場所、歩いてみたいじゃないか!そう、要するに私は興味のある部分には感化されやすい人なのというです。
d0002224_7441563.jpg

 というわけでCheltenham(チェルトナム)という駅で降り、街のインフォメーションセンターで情報を収集した後バスで約移動。今日の宿のあるWinchcomb(ウィンチカム) という村に到着。これはここのインフォメーションセンター、夕方なのでしまっていました。 
d0002224_7445236.jpg

 住宅街はこんな感じ。古い物を愛するお国柄を感じさせる建物でしょう。中は暖かくて快適。空等設備は国内メーカーの瞬間湯沸し器のついたバスで途中で水にはなりませんでしたよ。
d0002224_7453198.jpg

 村の花屋さんとお菓子屋さん。色合いが美しい。
d0002224_7455578.jpg

d0002224_7462780.jpg

 翌日はいよいよフットパスを歩いてみました。牛さんのいる放牧地を右に見て、
d0002224_7465955.jpg

 わんちゃんの散歩も多いからね、これはいい。
d0002224_7401912.jpg
 こんな家の前を通りさらに牧草地を進むと
d0002224_7493127.jpg

 羊だ!
d0002224_7494595.jpg

 そしてフットパスの入り口。私有地と区別する為のゲートのような物です。石のステップもあり ました。
d0002224_7501227.jpg

d0002224_7503980.jpg

 牧草地というか、緑の丘を歩いていると時々小川や木があります。
d0002224_751535.jpg

 途中の広場。
d0002224_7522143.jpg

 道中機関車の走る区間がありました。機関車トーマスの生まれた国ですね。駅もかわいいったら。
d0002224_75385.jpg

d0002224_7533429.jpg

 午前中はいい天気だったのに、午後雨はあたってきました。そして、牧草地は思いの他広く、方向を見失いかけたとき、出会った、ウォーキング中の御夫婦。彼らの後ろを着いて行かせてくれたのでした。あの時はどうもありがとうございました。今でも感謝しています。住所を教えて頂き帰国してからお手紙を送ってみました。書いてもらたったつづりが独特につながっていて、読むのが難しかった!
d0002224_7542453.jpg

 一日歩いて雨もあがり、少し日がさしてきました。明日はどんな一日でしょう?
d0002224_7553422.jpg

                                                        
[PR]
by t2mina | 2005-03-22 08:23 | abroad

セントアイブス

初めてイギリス(UK)に行ったのは98年8月の事。今から7年前ですね。

d0002224_1147535.gif

このコ達はハイドパ−クのペリカン君達。

 ツアーじゃなくて自分で行きたい!って思った事ありませんか?バックパッカーなんて言葉に沿うほど本格的じゃないけど、ザックしょって、ブリットレイルパスという電車のパスを持って、宿は現地のツーリストインフォメーションセンターで予約したB&Bで、という形で行ったんです。多分、旅好きの方なら一度は聞いた事のある内容だと思います。ご多分にもれず私も憧れた一人でした。ブランド物のお買い物はどうでもよくて、むしろスーパーとか普通に人が生活している場所に行ってみたかったのです。
d0002224_1119477.jpg

 到着初日はロンドンへ。これは、日本から電話予約していったプチホテル。そしてそこから街並みを撮った物。立地条件もよくて今では高くてとても泊まれませんが、当時は私でも泊まれる料金でした。イギリスでは小ぶりで清潔なホテルやB&B等の宿泊施設は充実していて、希望の料金に応じて探しやすい国だと思います。そして地方に行くと値段もさらにお手頃になるんですね。
d0002224_1031940.jpg

d0002224_11531233.jpg


 そして次の日は電車に乗って移動。ロンドンから南西に約6時間くらいSt.Ives(セントアイブス)という海に面したリゾート地。陶芸家のバーナードリーチ等の芸術家が好んで住んでいた所。だから、ロンドンにあるテートギャラリーはここにもあるんですよ。
d0002224_10174749.jpg
d0002224_11205277.jpg
d0002224_11213571.jpg


 これは、 ヘップワーズという女性の陶芸家のギャラリー。一般公開しています。光が入って明るい!お花や植物がたくさんありました。
d0002224_10213897.jpg
d0002224_11234734.jpg

d0002224_10244068.jpg


これは町のお店で見つけた、ファッジというヌガーみたいなおかし、コーニッシュペストリーというパイ、そして、甘そ~な焼き菓子たち。皆、大きい!そして、こんな甘そうな物を日常食べるのね。
d0002224_10285936.jpg

d0002224_11245748.jpg
d0002224_11253334.jpg


宿についた!このB&Bは高台にあったのでそこから街を見下ろすとこんな感じ。そして宿のオーナーです。明るかったな~。駅まで送ってくれたりお世話になりました。
d0002224_10473056.jpg

d0002224_1036051.jpg

d0002224_10363757.jpg

そして、B&Bの朝食イングリッシュブレックファーストってやつです
d0002224_11525329.jpg

電車内の売店のおじさん、チーズ!紅茶を買ったら左の紙袋に入れてくれました。次はコッツウォルズへ。さらに旅は続きます。
d0002224_1223292.jpg

[PR]
by t2mina | 2005-03-20 12:12 | abroad

初めての

d0002224_223380.jpg

大きなきでしょう。今見ると、「ロードオブザリング2」の木のエルフみたいだと思います。

 これは、イギリス湖水地方のフットパスという、散歩する為にルーティングされた道の途中で撮った物です。

 初めて自分で計画して一人で行った海外は、就職して数年経ち、仕事もようやく板についてきた頃、夏にもらえた9日間の短い夏休みでした。この木は広い緑の草原の途中に立っていて、空の広さと木漏れ日と一緒になって、すがすがしかったのを覚えています。

 あの頃と、変わった事はたくさんあるけど、自分の根っこはあんまり変わってないぞ、と。
次回はこのイギリス旅行についてちょっとづつ書こうと思います。
d0002224_2222380.jpg

 これはフットパスの入り口のゲート。
[PR]
by t2mina | 2005-03-18 22:27 | abroad

感激!

 lisaさん、hotaruさん、hotchaiさん、Sofiaさん、皆さん、聞いてください!
で、き、ま、し、たあぁぁぁぁぁぁぁ~!

 感動です。hotaruさん、どうもありがとうございました!教えていただいた縮小ソフト「ちびすな」をダウンロードして、出勤前1回、帰宅後もう1回やってみて、今終了しました!

 うーん、いい気持ちです。何より、昨日まで「すごいなあ」と思いながら閲覧させてもらっていた皆さんに、勇気を出して聞いてみたら、ちゃんと返事が戻ってきて、問題解決できてしまったところがすごい!これもブログの醍醐味ですか?感激です!

 初回の写真も置き換えました。立ち上がりがはやくなったでしょ、ね、ね、ね。
何はともあれ、皆さん、ありがとうございました。リサさんも、忙しいのに自分で試してくれたり、コメント嬉しかったです。
 
ちなみに私は、4月から勤務地が変わります。(といっても同じ区内だし、勤務内容も同じ)
今の職場で経験した事は全部自分の足跡ですね。新しい職場に行ってもマイペースだと思うけど、この旅の記録と同じように、足跡を残していきたいと思います。

 さて、あなたはこれからどこに行く?
d0002224_23242589.jpg

 ムーミン谷ならこちら
d0002224_23244648.jpg

[PR]
by t2mina | 2005-03-16 23:27 | abroad

試してみよう

 画像のサイズと文字数を変えてみました。驚き!コマンド通りに変わるんですね!(あたりまえだろ~、という叫びが聞こえます、、、)いやー知らない事が多いという事は、それだけ知ったときの驚きも大きいという事ですね、といい風にとらえましょう。

 しかし、ここでまた困難が、、ネガをロムにした物からPCに取り込み、そこからアップロードしたところ、、、できない!初回はできたのに。ファイルは500kb以下でお願いします、という指示がでます。一応容量無制限にしたのですが。過去の写真から取り込むのはスキャナとかの方がいいのかな。デジカメでもう一回写す?どなたか教えて下さい!
d0002224_10445789.jpg

 これは携帯から
[PR]
by t2mina | 2005-03-15 10:53 | TB・ブログ

ようやく!

 始めまして、minaです。ようやく自分のブログを立ち上げる事となりました。きっかけは旬のイギリスさんのブログを見たこと。リサさん、背中押してくださってありがとう!今までは、書き込みすると名前が黒字表示だったけど、これからは色付き表示だわ。(笑)又、書き込みに返事を下さった皆さんもありがとうごあいました。これからもよろしくお願いします。
 
 私のブログの内容の中心は、要するに今までに行った旅の記録です。年代順ではなく、載せたい物から載せていきます。興味のある国が出てきたら、立ち寄って下さいね。

 さて、最初は、、、

2003 夏 Finland
d0002224_22425927.jpg

 右のロゴの位置にある緑のお人形は誰だかわかりますか?そう、スナフキンです。ムーミン谷を再現して作られた、The Moomin's Home LandというテーマパークがFinlandのNaantali(ナーンタリ)という所にあります。6月のはじめから8月の終わりまでのみ明けていて、陸から橋を渡った小さい島全体をムーミン谷に見立ててあり、ムーミンの家も、釣りをする小屋もあり、実際にスティンキ-やミーもいるし、案内人はヘムルさんの制服を着ています。

 夏という事もあるのでしょうが、波の音や太陽の明るさ、木立の木漏れ日が気持ちよく、のんびり過ごす事ができました。何より、親子連れで適度に賑わっているのにあまりうるさくなく穏やかなんですよ。もう一度いきたいなあ。
d0002224_22433181.jpg
d0002224_2243515.jpg
d0002224_2244143.jpg

[PR]
by t2mina | 2005-03-13 22:38 | abroad